Writing Services|還暦を過ぎた就活の為の執筆サービス

ホーム

披露宴と招待状の文例について

披露宴を行う場合には、招待状が必ず必要になります。披露宴を行う場合には、たくさん準備をしないといけないことがありますが、招待状は披露宴の二か月前にはゲストの手元に届けておくことが一般的になっています。慌てて準備をすることにならないように、きちんと早めに取り掛かることが大切です。

招待状は、自分で作成することもできますし、会場のスタッフに作成をお願いすることもできます。自分で作ることでこだわり感も出すことができますし、もらったゲストもとても嬉しいものです。自分で作成する場合には、文例にも気を付けないといけません。失礼なことを書いてしまったり、相手が不快になる非常識なことを書いてしまうことがないように注意が必要になります。

披露宴の招待状の文例は、インターネットから見つけることもできますし、本屋さんにいって文例集などを購入することでも知ることができます。披露宴の招待状に書く言葉は、差出人が本人からなのか、それとも両親からなのかによって少しかわってきます。招待状には、披露宴の日時とか返信の締切日、場所などを必ずいれることが大切になります。

「お忙しいところ誠に恐縮ではございますが、なにとぞご出席くださいますようお願い申し上げます」といった一言をいれることがとてもおすすめです。そのようにすることで、相手もよりいい気持ちで参加をすることができるものなのです。相手のことを考え、丁寧な言葉で書くことがとても大切です。

両親への贈り物はこちらをいかがでしょう?

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2014 Writing Services|還暦を過ぎた就活の為の執筆サービス All rights reserved.